008a3556

関東圏では最近雨がひさしく降っていません
いつから降ってないのかなぁ
そろそろ降らないかなぁ。。と家ではよく話しています

雨が降って水温下がって活性があがって・・・
ん〜なんか一昨年の感じに似てきてやな感じなんだよな〜

一昨年の9月上旬の利根川下流域釣行。。
利根川から霞ヶ浦、そして横利根川をまわり与田浦へ。。
与田浦につながる水路を通ったときに・・・
あれ?ここの水こんな真っ黒だったっけ??
ちょっと不思議に思いましたがそのまま与田浦へ
与田浦に到着するとやはり水が黒い!?
これはどういうこと???
護岸際には浮いた魚がぷかぷか・・・
まぁここはいつもそうだよな・・・
いつもよりは浮いてる魚が多い気もするけど。。

反応がないので大きく移動!黒部川に行きました
すると・・・
なにこの黒い水はっ!!
黒部川も赤黒い水になってました
鼻をつく異臭。。ハッカのような臭いだった記憶が?

黒部川沿いを車で廻るといつもやってるとこの対岸に白いものが無数に浮いていました
ん〜?あれはなんだ〜?
車を降り川の側に行ってみると白い浮いているのは全部魚でした
対岸に打ち寄せられている大量の魚・・・

なんで?なんでこんなことに??

更に車を進めゴミ溜まりになっているところに行くと・・・
大小魚種問わず何万匹という魚が死に浮かんでいました

これにはさすがに私もくらくらと目まいがし泣きそうな感じになってました

様子を見にきていた近所のおじさん・・・
ほら!そこにでっかいウナギが浮いてるよ!
丸太ん棒のような太くでっかいウナギが死んでいました

おじさん曰く・・・
これは稲渋が原因とのこと。
昔は苅った稲はいろいろ使い道があり放置することはなかったが
最近は使われず田んぼに放置され、久しぶりに降った大量の雨で
一気に川へ稲渋が流れ込んだんだろう。。

そうなんですかぁ。。こんなになっちゃうんですね。。

その時はしんみり聞いていました

しかし最近、稲渋の影響はわずかで魚が死んでしまう原因は
農薬じゃないのかと思うようになってきました

何回か行われる農薬散布・・・
長い期間、雨が降らず溜まっていった農薬が大雨で一気に川へ流れ込み
酸欠状態になり大量死したんだ。。

2年前、ただ雨が降らないか降ってくれよと思っていましたが
今、これだけ降らないで大雨になってしまうとまたあの大量死が起きてしまうのではないか??
ここのところ・・・それが心配でならないのです

↓一昨年の記事(衝撃的な写真なのでおすすめはいたしません)
http://www.choshinet.or.jp/~yanart/y_gazo/4_tone/kurobe/kurobe.htm


少しずつ何日かにわたって雨が降ってほしい感じです(´vωv`*)
↓なかなか思い通りにはいかないですが心配です!という方はポチッ(#TдT#)アリガトー
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村