090426_1611~0001昨日の利根川下流域釣行で行ったメタメタ池にある藤棚。
藤が満開に咲いていました♪
とても綺麗でしたぁ〜
私も藤の花のように爆釣という花を
満開にしたいもんです( ̄▽ ̄)ゞ


↓土日の疲れからか?ぜんぜん仕事になりません(×_×;)
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ


藤についてちょっと調べてみました( ̄ω ̄)
藤の花は藤棚にして鑑賞することが多いですね。
藤は、つる性のため樹木の上部を覆って光合成を妨げたり、
幹を変形させ木材の商品価値を下げてしまうため、
管理された山など手入れの行き届いた人工林では、
藤のツルは常に刈り取られるそうです。
ということは・・・?
手入れされていない山林では普通に多く見られる植物みたいです。
最近になり藤の花が咲いている風景が増えてきたのは
山林の管理放棄が原因として考えられるそうです。
なんでしょうね?
里山のシステムや竹林の暴走のように
人間と自然との関わりが変わってきている証明なのでしょうか
または、経済の対象になるかならないかの問題なのでしょうか
あれ・・・?難しい話になってしまいました( ̄ー ̄;)